就職やアルバイトの情報を探していると、給与等の支払い方法がいくつもあることに気が付きます。

日給での仕事をしている
日給での仕事をしている

日給制の良いところ悪いところ

就職やアルバイトの情報を探していると、給与等の支払い方法がいくつもあることに気が付きます。パート職やアルバイト募集で一番多く見られるのが、時給いくらと言うパターンです。1時間単位で給与をもらえる訳ですから、少ない時間を利用して働きたいと言う人には、好都合な条件とも言えるでしょう。これに対し日給と言うシステムがあります。「一日働いていくら」と言うことになるのでしょうが、基本的には8時間労働を指しているはずです。

ですから日給を8時間で割ってみて、最低労働時間に達していない募集には確認が必要になって来ます。もしかして6時間で終わる仕事かも知れません。契約時に、よく確認することが大事になって来ます。この日給制で不安なところは、8時間を多少越えるくらいで終わった時、その時間外の分を請求しづらくなってしまうことです。ですから日給いくらと言われた時は、時間も管理もしっかりしておくことが良いでしょう。

更には、日給月給と言うパターンもあります。本来、月給制では早退したとか、休みを取ったとかで給料に影響はして来ません。決められた額は、毎月同じように支払われます。これに対し、日給月給制は欠勤したり、早退した場合、会社の規定に基づいて金額が引かれることになってしまいます。

Copyright (C)2017日給での仕事をしている.All rights reserved.