日給とはお給料の支払い方のことで、一日にいくらと決められていてその分のお給料をその日に支払われます。

日給での仕事をしている
日給での仕事をしている

日給のお給料の支払われ方について。

日給とはお給料の支払い方のことで、一日にいくらと決められていてその分のお給料をその日に支払われます。仕事に行って働いた日はその日働いた分を、その日に支払ってもらえます。日給だと仕事をしてお金をもらう、という実感がとても得られる気がしますね。仕事がお休みの日はもちろん給料は支払われませんし、遅刻や欠勤の場合も支払いはありません。社会人ですので、仕事に対してすぐに休んでしまったり、しょっちゅう遅刻などと軽い考えではないと思いますが、しっかり働くことの意味を感じられる気がします。日給制とこの他に、日給月給制、月給制、時給制があります。日給月給制は、日給制と同じように一日にいくらと金額が決まっていますが、支払われるのがその日ではなく、一ヶ月に一回となり月給制のような支払われ方となります。

月給制では一ヶ月のお給料はいくらと、一ヶ月での金額が決まっていることです。しかし、一ヶ月にいくらと決まっているので、連休があったり、遅刻や欠勤などでお給料はかわりません。時給制は、アルバイトなどで多いですが、一時間単位で決められている金額を何時間働いたかでお給料がかわっていきます。正社員だと時給制ではないところがほとんどだと思います。働いてお金をもらうことの意味をしっかり考えて働きたいですし、会社側も働いている人のことを考えてくれる会社ばかりの社会になるといいですね。

Copyright (C)2017日給での仕事をしている.All rights reserved.